« 山手通りの混雑(8月20日) | トップページ | 氷川神社のお祭り(8月22日) »

故郷(8月21日)

8月15日のブログで、地域社会の住民のタイプを
(1)少なくとも親の代からそこに住んでいて、地域内の公立小学校出身というタイプ
(2)永住の意思をもってその地域に移り住んできたというタイプ
(3)地域を選んではいるが、仕事の都合などで、いつまで居住するかわからないというタイプ
(4)たまたま寮や家族寮がそこにあるためにその地域に居住しているタイプ
に分類した。
駒場小学校の児童はその中で(4)のタイプが過半なのだそうだ。そういう子どもたちにとっての故郷が駒場、大橋ということであっても帰るところを探すのは難しい。氷川神社の祭礼の時に山車を引いた思い出をもつ子どもたちを暖かく迎える故郷がほしいはずだ。駒場の喫茶イーグルや大橋のCUISINEといった、地元出身の人が経営する店はそんな場所になるのではないか。都合のよいときに立ち寄れば故郷の様子がわかる。インターネットとリアルの店で、そうしたことが渋谷WESTというサイトを通じて実現できるようにしたい。
大向小学校の卒業生は母校が東急本店になってしまっているが、地域の古い店で集まったりしているのだろうか。故郷が東京ということはない。小中学校の通学範囲が故郷と考えるのが妥当である。同時に、東大や駒場に数多くある高校の卒業生の皆様にとっても、駒場から渋谷にかけての街を故郷としていただきたいものだ。

|
|

« 山手通りの混雑(8月20日) | トップページ | 氷川神社のお祭り(8月22日) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山手通りの混雑(8月20日) | トップページ | 氷川神社のお祭り(8月22日) »