« 一年ぶりのニューヨーク(6月28日) | トップページ | トルコ料理とベリーダンス(6月30日) »

ワールドカップ景気(6月29日)

難しいとの前評判だった日本代表が決勝トーナメント進出。これまでの試合展開は期待以上ということでその盛り上がりは相当のもの。しかも今夜は時間帯が無理せず帰宅可能な11時からなので、自宅でくつろいでの観戦がしやすい。テレビの視聴率が夜中のデンマーク戦をどこまで上回るかといった関心も高そうだ。居酒屋の中にはサッカー観戦のために早目に店じまいするとしているところもある。テレビのない店はその方が賢明といえよう。
ニューヨークスタイルのシンプルイタリアンを提供する神泉カフェ・ガゼッタでは「ガゼッタで日本代表を応援しよう」と書いたチラシを配っていたがランチの案内だとのこと。さすがに今夜は予約で一杯とか。
文化村通りのパチンコタワー8階にあるTAPAは3千円でビールセルフサービスでの観戦をPR。予約は3時の時点では可能のようだったが、総席数320は満席となるのだろう。すぐそばにあるドンキホーテの店の前では韓国代表のサッカー・ユニフォームを着た店員がブブゼラを吹き、ブルーのユニフォームを売っていた。ブブゼラの音の大きさに驚いたが、順調に入荷するようになれば日本でも流行しそうだ。
店頭にドイツ国旗を掲げたジャーマンファームグリルはドイツ戦の雰囲気に特徴があるのだろうが、今夜も満席のはず。アルゼンチンファンの集まる松見坂のコスタラティーナも11時からは予約で一杯としても10時前なら大丈夫だろう。次があるかどうかはともかく、今日だけでもいい試合を、という期待は大きい。
ワールドカップがいろいろな経済効果を生むことを実感するが、景気が他人事ということではさびしいので便乗します。

100629_2


|
|

« 一年ぶりのニューヨーク(6月28日) | トップページ | トルコ料理とベリーダンス(6月30日) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一年ぶりのニューヨーク(6月28日) | トップページ | トルコ料理とベリーダンス(6月30日) »