« 道玄坂の商店跡(6月17日) | トップページ | 東京の人気エリアランキング(6月20日) »

ハチ公バス新ルート(6月18日)

ハチ公バスが東急本店から栄通りを上って代々木上原に出るルートを7月1日から運行開始する。ハチ公バスは、渋谷区が東急、京王、富士急のバス会社に委託して運行しているコミュニティバスの愛称で現在3ルートが運行されている。料金は100円で、渋谷区役所と渋谷区内各所を結ぶというものだ。恵比寿・代官山方面への「夕やけこやけルート」、笹塚・幡ヶ谷方面への「春の小川ルート」、表参道・千駄ヶ谷方面への「神宮の杜ルート」がある。
そのハチ公バスの新路線として登場するのが「上原・富ヶ谷ルート」。スクランブル交差点横の渋谷駅西口から文化村通り、東急本店前から栄通を通って山手通りに出て、富ヶ谷交差点から井の頭通りを代々木上原駅に向かう。逆方向は代々木上原駅から上原小学校前の道を東大の駒場リサーチキャンパスの正門前に出る。コスモス通りをから東海大学の方向に向かい、富ヶ谷交差点に出てから井の頭通りに並行して神山町を抜ける道を通り、東急本店前から終点の渋谷駅西口に着くというものだ。渋谷区役所には行かないというのが、他のルートとは違う特徴だが、富ヶ谷バス停で市役所へ向かう「春の小川ルート」への乗り継ぎもできる。
朝8時半からのスタートで夜9時には終わる運行スケジュールで、1時間に3便が走る。代々木上原駅の利用が便利になるだろう。渋谷駅から松涛美術館に行くのにも活用されそうだ。どんな愛称になるのか楽しみだが、古賀音楽博物館のバス停があることから古賀メロディーからというのがふさわしい。「悲しい酒ルート」「影をしたいてルート」「酒は涙かため息かルート」というわけにはいかないだろうから、「丘を越えてルート」を本命と見る。事実丘を越えるルートだし。
ちなみに、南平台、青葉台を通って代官山に行く東急トランセは東急独自で運行している路線で、ハチ公バスとは違う。
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/shibuya/com_bus/

新ルートの路線図
100618

「丘を越えて」なんて知らないという人のために。

|
|

« 道玄坂の商店跡(6月17日) | トップページ | 東京の人気エリアランキング(6月20日) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道玄坂の商店跡(6月17日) | トップページ | 東京の人気エリアランキング(6月20日) »