« ハチ公バス新ルート(6月18日) | トップページ | ワールドカップ観戦(6月21日) »

東京の人気エリアランキング(6月20日)

東京ガイドのサイトがあり、その中でエリアごとのアクセス数によって、週間・月間の人気エリアランキングを公開している。
http://www.tokyoguide.net/ranking/area/monthly/
それによると、現在の月間ランキングでは、1位「浅草」2位「皇居周辺」3位「原宿・表参道・青山」がベスト3となっている。「浅草」が断然のトップで2位の1.8倍、3位の2.3倍のアクセスで、東京を代表する観光地となっていることや、「皇居周辺」が都市景観としての東京を代表することは納得できる。「原宿・表参道・青山」は女性誌などでよく紹介されるエリアで、東京イメージとしての露出度が高いからなのだろう。
4位~6位の「上野」「お台場・有明」「新宿」は3位「原宿・表参道・青山」とのアクセス数の差は20%以上あるが、このグループ間での顕著な差はない。続く「築地・月島・晴海・豊洲」と「秋葉原」は共に7位となる。
9位「池袋」10位「葛飾・亀有・柴又」11位「谷中・根津・千駄木」がこれに続き「渋谷」と「六本木・赤坂・麻布」の2エリアには差がなく、12位となっている。
そして、「銀座」は19位。日本の中心繁華街といわれてきたが、大衆的な魅力を失ったことがインターネットの観光案内でのランキングを落としているのだろうか。
アクセス数だから人気とは違うのだろうが、全体的に納得できることもあり、東京のどこが元気かを測る指標にもなるのではないか。1年後の数値を見ると傾向がつかめそうだ。
それにしても渋谷が池袋や柴又、谷根千より下のランキングにあることは意外である。

|
|

« ハチ公バス新ルート(6月18日) | トップページ | ワールドカップ観戦(6月21日) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハチ公バス新ルート(6月18日) | トップページ | ワールドカップ観戦(6月21日) »