« 渋谷の観光ビジネス(6月3日) | トップページ | ルーベンサンドの店(6月5日) »

渋谷デリタワー(6月4日)

東急本店の反対側の道沿いには飲食店の入ったビルがいくつも並んでいる。中の様子が良く見えるコーヒー店のタリーズとスターバックスを除くと、その数の多さと目立ちにくい外観から、そこにどんな店があるのかに気付くことは難しい。渋谷のビルは銀座や新宿などと較べて敷地面積が少ないそうで、それだけにビルのフロアーごとの面積も狭い。そのビル内にある店も規模の小さなものとなる。2002年11月にオープンした渋谷デリタワーもその一つだ。
ビルのエレベーターを使ってその店に客を呼び込むにはアピールするものが必要だ。4階にある台湾料理の故宮も台湾料理ではなく、中華料理とするとインパクトに欠けるだろう。人を使っての客の呼び込みをする店もある。
栄通りを下り、松涛郵便局の交差点を過ぎるとこうしたビルが並んでいるわけで、街の情報密度が急増することにもなる。それぞれの店の様子がブログで発信され、それを見て店にたどり着くということにこれからはなっていくのだろう。渋谷がより魅力的になるには、そうした情報の力が大きいといえそうだ。

100604_1


100604_2


|
|

« 渋谷の観光ビジネス(6月3日) | トップページ | ルーベンサンドの店(6月5日) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷の観光ビジネス(6月3日) | トップページ | ルーベンサンドの店(6月5日) »