« 渋谷駅前(4月12日) | トップページ | 刀エクササイズ(4月14日) »

ああ渋谷駅(4月13日)

♪♪どこかに故郷の香りをのせて 入る列車のなつかしさ 上野は俺らの心の駅だ♪♪と今でも歌われる上野駅。十年以上も前から、地下を走る東京行き新幹線に「故郷」の香りを奪われてしまった。新幹線ばかりか、バスや飛行機も上野駅を「伝説の駅」にしてしまい、今では常磐線、高崎線の通勤電車の乗換駅としての色彩が強くなっている。上野駅が渋谷駅のようになってしまったわけだ。
一方、通勤電車の乗換駅として発達してきた渋谷駅に歌は似合わないようで、有名な歌は記憶にない。タイトルに渋谷をつけている歌は検索で8曲表示される。「渋谷漂流記」「渋谷零時五十二分」「渋谷のネコ」「渋谷」「渋谷でね」「渋谷Flower Friday」「渋谷ものがたり」「渋谷で5時」というタイトルだ。この中で広く知られている曲があるのかどうか。歌い出しだと「渋谷を歩く一人で歩く人ごみの・・」「渋谷で渋滞なの夕方5時の・・」「渋谷で歌って帰り道走る車から・・」といったものが見つかったが、知らない。
東急東横店に地下鉄が入っていく渋谷駅の姿は1938年からの地下鉄開業以来のもの。もう72年もの歴史ある都市風景になっているのだ。現在、この渋谷駅の風景をなくしてしまう再開発計画が進んでいる。東京駅、中央郵便局などの古い建物は保存の価値が認められるようだが、渋谷駅の都市景観は守られるべき都市景観とは認められないらしい。地下鉄がビルの中に入っていくのを見ることができるのもあと数年のようだ。
それまでには「ああ渋谷駅」という歌がでて、現在の景色が伝説として後世に伝わるようになるといい。この景色はハチ公に劣らぬ価値があるような気がする。

100413_1


100413_2


|
|

« 渋谷駅前(4月12日) | トップページ | 刀エクササイズ(4月14日) »

渋谷駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷駅前(4月12日) | トップページ | 刀エクササイズ(4月14日) »