« 大橋ジャンクション開通後(3月29日) | トップページ | 目黒川の桜並木(3月31日) »

駒場の桜(3月30日)

今年の東京はソメイヨシノが咲いている期間、総じて天気に恵まれない見通し。そんな中で今日は雲ひとつない晴天に恵まれた。もっとも寒さは厳しく、朝方は氷もはっていているほど。駒場のソメイヨシノはまだ7分咲き程度なのでお花見日和というわけでもなかったが、これから1週間先の天気予報を見ると、青い空を背景する写真を撮れたのは今日だけだったということにもなりかねない。
駒場公園、駒場野公園、東大駒場キャンパスと静かに桜を楽しむ場所が駒場にはある。それぞれの場所で、楽しそうにお花見をしているグループかけられるものの静かである。桜の木の本数も少ないから、遠方からわざわざ来る人がいないのが特徴で、目黒川の賑わいとは違い飲食のサービスなども全くない。桜並木ではなく、点在する桜を求めて歩くのが駒場の花見というところか。近くには目黒川と代々木公園という花見客の多いところもあるが、趣の違う散歩道といえるだろう。花見客をあてこむ商売はしにくい。

駒場公園は幼児とお母さんたち
100330_1

駒場Ⅰキャンパスの桜並木
100330_2

駒場野公園ケルネル田んぼ横
100330_3

駒場野公園でバーベキューを楽しむ人たち
100330_4

駒場野公園拡張部分
100330_5

昨日の新宿御苑は驚くほど静かだった
100330_6


|
|

« 大橋ジャンクション開通後(3月29日) | トップページ | 目黒川の桜並木(3月31日) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大橋ジャンクション開通後(3月29日) | トップページ | 目黒川の桜並木(3月31日) »