« 百軒店のネットカフェ(3月21日) | トップページ | プラネタリウムが帰ってくる(3月23日) »

目黒川の桜(3月22日)

気象庁が靖国神社のソメイヨシノにより、東京の開花宣言をした。早速目黒川の桜を見てきたけれど、木によって様子はさまざま。当然ながら開花しているのはまだ一部だけで、五分咲きが26日、満開が29日からで、4月2日には桜吹雪になるとの予報になっている。23日から25日の間は雨模様で気温が低いと見込まれているから、咲くペースがゆっくりと喜ぶべきか。
3月27日(土)と28日(日)は「目具川さくらフェスタ2010」が中目黒から下流方向にある目黒川船入場で開催される。4月4日(日)には、東横線ガードの一つ下流にある日の出橋横の広場で、中目黒駅前商店街による「中目黒桜まつり」がある。いずれも地域の交流の場という色彩が濃い。
桜見物で特に賑わうのは、中目黒駅から上流方向へ千歳橋あたりまで。大橋まで歩く人は少数のようだ。一度は訪れるべき東京の桜の名所といえるだろう。
これから2週間、目黒川沿いの飲食店は一年で一番忙しい時期となる。しかし、その恩恵にあずかることのできる立地とそうでないところとの格差は大きい。花見客の飲食の場として呼び込む企画が求められそうだ。

100322_1


100322_2


100322_3


100322_4


|
|

« 百軒店のネットカフェ(3月21日) | トップページ | プラネタリウムが帰ってくる(3月23日) »

青葉台・大橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百軒店のネットカフェ(3月21日) | トップページ | プラネタリウムが帰ってくる(3月23日) »