« 大橋今昔(2月23日) | トップページ | 百軒店のファミリー(2月25日) »

神泉駅(2月24日)

神泉駅は降りる人でなければ、その近辺がどんなところか知るよしもない。駅はトンネルの中にあり、トンネルの横は踏み切りで、その先はまたトンネルとなっている。井の頭線で急行に乗れば神泉駅は通過するだけなので、トンネルに入ったら駅とか踏み切りなど気にもならないはず。駅を利用する人もその駅としての特異さに気づく人はどれだけいるのだろうか。
その特異さとは:
1.改札口の正面にコンビニと軽食のできるカフェがある。
なんでもないようだけど、便利なはずなのにこんな駅はなかなかない。雨が降っても濡れずに傘が買える。カフェも渋谷より間違いなく落ち着ける。
2.駅からの出口が3箇所ある。
地下鉄の駅とか、駒場東大前駅のように改札口が2箇所あるのならば、出口が3箇所というのはよくあることだろうが、そうでなくて3箇所! 他に例があるだろうか。
3.駅を出てから方向が分からない。
駅の3つの出口のどこを見てもその先の目印がない。道路も頼りないので、初めて降りる人は不安になりそうだ。
4.夜はどこから出ても暗い。
夜だとどの出口から出ても暗い。どこも駅前くらいは明るいものなのに。

こんな神泉駅の改札口を夜の時間に出ると、きっとスリルを感じるのはではないか。
定期券で通過する人は試してみるとよいと思う。

100224_0


100224_1


100224_2


100224_3


100224_4


|
|

« 大橋今昔(2月23日) | トップページ | 百軒店のファミリー(2月25日) »

松涛・神山町・神泉町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大橋今昔(2月23日) | トップページ | 百軒店のファミリー(2月25日) »