« 渋谷区の防災ニュース(1月17日) | トップページ | 槇文彦展(1月19日) »

中目黒方面の山手通り(1月18日)

大坂橋から中目黒駅までの山手通りは、将来は人気の散歩道として注目されそうだ。将来というのは中央環状品川線が開通する4年後のこと。それまでは工事現場でうっとうしいだろうけど、歩道が広いのがせめてもの救いとなる。電線も地下に収まることだろう。
山手通りに並行して目黒川が流れ、その沿岸の桜はよく知られた名所。さらに坂道を上がると旧山手通りに出る。それぞれが個性的な散歩道といえるのだが、数ある東京名所の中ではマイナーな方なのだろうか。誰もに愛されるというわけでもなさそうだし、代官山、恵比寿とあって、どこがどうなのか分からなくもなりそうだ。
大橋の再開発ビルが完成し、品川線の工事が終わったときには見違えるような街になっているかもしれない。4年後といっても4年前のことを考えると、それほど遠い先のことではない。


100118_1

100118_2

|
|

« 渋谷区の防災ニュース(1月17日) | トップページ | 槇文彦展(1月19日) »

青葉台・大橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷区の防災ニュース(1月17日) | トップページ | 槇文彦展(1月19日) »