« 渋谷の会社(1月11日) | トップページ | 渋谷センター街(1月13日) »

映画『渋谷』(1月12日)

円山町のユーロスペースで映画『渋谷』が1月9日に公開され、1月29日まで夜9時10分から10時40分という時間帯で1日一回の上映をしている。昨夜見に行ってきた。狭い劇場でもあり、観客数は30人ほどで40歳前後の男性が多かった。
物語は渋谷の少女たちを記事にするために取材しているカメラマンが、たまたま出会った風俗店で働く少女の心を開くというもの。母と娘の心の葛藤が描かれる。公式サイトに詳しい。
http://shibuya-movie.under.jp/story.html

原作者の藤原新也さんはこの作品についてブログに書いている。「人間、だれからも褒められる優等生でなくとも、あるいは名を成さなくとも、その人生に1度でも何か心に深く残るような行いや人との関わりがあれば、それでその人の人生は成就したのだと、私は人によく言う。
この映画はそんな映画のような気がする。」
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20100105

低予算、一週間で撮影という作品なのだそうだが、感動という意味では、大金を費やした作品に劣らない。渋谷の雑踏の映像と、地味ながら力のある素晴らしい演技にも見ごたえがある。渋谷には性風俗店が多いような誤解を与えかねないとの懸念もあるが、渋谷を世界にアピールする映画としても使えるだろう。渋谷を舞台とする映画が渋谷でレイトショウだけの上映というのは試写会の位置づけかもしれない。上映する映画館が全国に拡大して、若い女性を中心に多くの人に見てほしいし、渋谷に対して新たな視点から関心をもってもらえるといい。
新宿で撮影されたと思われるラストシーンと、南多摩・是政付近で撮影されたと思われるカットにも、劇場ならではといえる魅力が感じられた。
ただ、性風俗店の密室が主な舞台なだけに、渋谷区長の推薦を取るのはむずかしいか。

原作はこちら。

(注)玉川での撮影は東横線丸子橋付近だそうです。一番よく知っているはずのところなのに!

|
|

« 渋谷の会社(1月11日) | トップページ | 渋谷センター街(1月13日) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷の会社(1月11日) | トップページ | 渋谷センター街(1月13日) »