« 事業仕分けの報道(11月14日) | トップページ | 駒場Ⅰキャンパス旧生協建物の解体(11月16日) »

つけ麺の和利道WARITO(11月15日)

つけ麺はそれなりに歴史があるようだが、ラーメンと較べるとそれほどではないし、つけ麺専門の店というのはめずらしい。そんなつけ麺の専門店が大坂橋の先の山手通り沿いに、9月中旬開店した。和利道と書いてワリトと読む。大宮のTETSU系列の店、ということだけでその味がわかるものらしい。住友不動産青葉台タワーの入居者をあてにしてかと思ったのだが、ビルへの入居が遅れているにもかかわらず連日の行列だ。800円は強気の値段とのコメントも出ているものの、質がともなえば客はつくということのよう。スープに麺をひたして食べ、最後は残ったスープに焼き石を入れて熱くし、多少うすめて飲む。午前11時半から午後3時半までというわずか4時間の営業時間。遠方から来る人も多いようで、今後リピーターがどの程度になるかが注目される。
山手通りを1キロ歩くと、やはり行列のできるラーメンの店砦がある。よそには行かず、おいしいものは何度でも近所で食べることにしよう。


091115

|
|

« 事業仕分けの報道(11月14日) | トップページ | 駒場Ⅰキャンパス旧生協建物の解体(11月16日) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事業仕分けの報道(11月14日) | トップページ | 駒場Ⅰキャンパス旧生協建物の解体(11月16日) »