« 駒場祭と世界文化の祭典(11月23日) | トップページ | 事業仕分け見学(11月25日) »

明日に架ける橋(11月24日)

その昔、アメリカのヒット曲が日本で発売される時、原語をそのまま翻訳したとはいえない、時には、全然違うタイトルがつけられることがめずらしくなかった。This is It のように英語のタイトルのままで発売されるようになったのはいつからのことか。「明日に架ける橋」という歌がヒットしたのは40年前の1970年。英語のタイトルはBridge Over Troubled Waterで、激流に架けられた橋という意味なのだろう。それを明日に架ける橋としたのは希望を感じさせる名訳だ。そうした名訳は明治の時代から数多くあって、例を並べてみるのもおもしろそうだが、それはともかく、大橋に新しいビルができ、そのビルに文字通りの明日に架ける橋が用意されている。大橋ジャンクションの上に246を跨いで架けられる橋の北側の根元部分なのだ。現在は何の役にもたたないスペースなのだが、まさに明日に架ける橋。明日といっても4年後に完成ということになりそう。この橋を渡って大橋ジャンクション横の再開発ビル9階から屋上庭園に入るということになる。この屋上庭園に対する世間一般の期待がどれほどなのか、建設当事者にとっては気になるところで、明日に賭ける橋なのかもしれない。


091124

|
|

« 駒場祭と世界文化の祭典(11月23日) | トップページ | 事業仕分け見学(11月25日) »

青葉台・大橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒場祭と世界文化の祭典(11月23日) | トップページ | 事業仕分け見学(11月25日) »