« 江戸しぐさの本(10月23日) | トップページ | 古民家改装のBARすがはらオープン(10月26日) »

旧古河庭園を見学(10月24日)

洋風邸宅のあることから、駒場公園と比較されることもある駒込の旧古河庭園に行ってきた。バラの名所ということで、手入れがゆき届いたバラを鑑賞に来る人が多いようだ。ちょうど秋バラの季節。日本庭園も立派だけれど駒込駅の反対側にある六義園との比較になってしまうのか。幹線道路に面しているので観光バスで立ち寄るには便利だろうが、南北線の西ヶ原駅や山手線の駒込駅から歩いて心地よい散歩道とは言いがたい。周囲の環境との調和もこうした庭園スペースの評価につながりそうだ。
庭園そのものに関心がある場合はともかく、そうでなければ、庭園への道筋やその周辺で休憩する場所が重要だ。駒場公園や旧朝倉家住宅はそういう意味でも優れている。どの庭園も造られた時点では周囲の環境との調和があったのだろうが、時代の流れの中で環境が破壊されてしまったケースが多いようで残念だ。


091014furukawa

|
|

« 江戸しぐさの本(10月23日) | トップページ | 古民家改装のBARすがはらオープン(10月26日) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸しぐさの本(10月23日) | トップページ | 古民家改装のBARすがはらオープン(10月26日) »