« 駒場池オープン(10月16日) | トップページ | 発電所を見学してきた(10月20日) »

こまみどりプロジェクト(10月17日)

東大の駒場Ⅱキャンパスの四季折々の自然を観察しようとの趣旨で、年4回程度のワークショップを実施する「こまばみどりプロジェクト」が今年の3月にスタートした。第1回は3月20日の春分の日に「雀 巣作りをはじめる」、第2回は5月30日に「端午:紅花 盛んに咲く」という内容だった。10月31日には第3回として「十三夜:楓、蔦黄ばむ」が催される。前日の30日が旧暦の9月13日で十三夜の月見の日。十五夜とセットなのだそうだ。そこで月見を中心に、秋の行事や月に謂れのある植物についての話の後、キャンパス内の緑の観察地図を作成することになる。
プロジェクトでは「駒場の緑の物語」と題するブログで、折々の草木の様子を知らせている。身近な自然観察に対する関心が高まることを期待しよう。
http://komamidori.org/index.html

|
|

« 駒場池オープン(10月16日) | トップページ | 発電所を見学してきた(10月20日) »

駒場キャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒場池オープン(10月16日) | トップページ | 発電所を見学してきた(10月20日) »