« 教会の似合う街(10月30日) | トップページ | 神田古本まつり(11月1日) »

ああ上野駅(10月31日)

上野駅は東京駅と並ぶ北の玄関ということで、渋谷駅はもちろん、新宿駅よりも重要な駅だった。今でも新幹線の駅があり、東北本線、常磐線、高崎線の終点なのだが、新幹線は東京駅まで直通だし、東北本線と高崎線は赤羽で上野行きと別れ、湘南新宿ラインで渋谷も通って小田原まで行ってしまう。常磐線は綾瀬駅で地下鉄の千代田線に連絡するから、もはや上野駅はターミナルではない。
昔のように信越本線で軽井沢に行くことはできないし、上越線で上野から直接清水トンネルをくぐる定期列車はない。上野発の夜行列車は青森駅を通過して青函トンネルをくぐり、仙台の次の駅は函館駅という具合だ。高速道路によって新幹線を使わないエコノミークラスの旅行は高速バスに置き換えられていることもあり、上野駅は忘れられてしまいそうだ。
♪♪どこかに故郷の 香りをのせて 入る列車の なつかしさ 上野は俺らの 心の駅だ くじけちゃならない 人生が あの日ここから 始まった♪♪
45年前の新幹線が開業した年にこんな歌詞の歌がヒットしていたのだが、今ではその時代を記憶する人たちは長老になっている。かつては改札口から列車の見えた地上ホームもエスカレーターの陰になり、ヨーロッパの駅のような雰囲気もなくなってしまった。上野駅に思い出のある人は現在の駅構内を見ない方がよい。

|
|

« 教会の似合う街(10月30日) | トップページ | 神田古本まつり(11月1日) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教会の似合う街(10月30日) | トップページ | 神田古本まつり(11月1日) »