« ツイッター選挙に期待する(7月21日) | トップページ | 渋谷で買い物(7月23日) »

目黒区総合防災訓練の予定は?(7月22日)

ツイッターに相模原市の阿部市議会議員が「相模原市は、衆議院選挙のため、8月30日に予定していた総合防災訓練の全ての訓練について延期を決定しました」と書いたのに対し、「ちゃんと予定通りやりませんか? 選挙優先のやり方は感心できません」との意見が出された。これに対し、「消防団として当日も2会場を予定していた私も確かに同じ想いがあります。が、担当する職員や投票会場を担当する地域の方が同じ人であったり現実的に無理な状態です」と阿部議員が応じている。
目黒区でも、昨日衆議院選挙の日程が正式に決まったことにより、8月30日に予定されている総合防災訓練も、同様の対応となるのか。その公式発表には手続きや発表方法についてしきたりのようなものがあるのだろうが、非公式発表がどんどん行われるようになるのがインターネットのおもしろいところ。
目黒区の総合防災訓練が8月30日に予定されていることを知る人は限られているので、変更するにしても、何もなかったかのように発表するのか。住民にはたいした問題ではないのだが、行政関係者や消防団にとってはスケジュール調整が2度手間になる。ぼやきたくなる人もいるのかもしれない。

※目黒区は予定通り8月30日に実施するとか。投票の前後に防災訓練を!ということだそうです。相模原市とは異なる対応ができるのはなぜでしょう?(7月24日)

|
|

« ツイッター選挙に期待する(7月21日) | トップページ | 渋谷で買い物(7月23日) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

いつも 地域からの発信を楽しみにしています。
今回の防災訓練と衆議員選挙についてです。

まず 私の私見では、国政選挙の投票日と防災訓練は当然同一にするべきではないという考え方です。

まず第一に 国民主権の根幹を成す 選挙は
公平に実施されなければなりません。あまり知られていませんが、投票所には投票行為と投票箱の安全の為に拳銃携帯の警察官がいます。それほどまでに 選挙の投票行為は重要であり、少しの狂いや妨害は許されません。
まして今回の防災訓練の開催場所は 投票所に指定されている第一中学校です。

二つ目に、この防災訓練の中心となる 町会組織には、選挙の開票場責任者等が多く重複すると言う点です。通常指導役として参加する方々の参加が不可能になります。

三つ目に 総合防災訓練を実施しても、騒音
振動防止の為に 実際の訓練内容の3分の2を取りやめにしなければならないと言う事です。これでは余り意味がありません。

今回 それでも実施しなければならないわけには ①予備日を設定していなかった事
②学校行事として第一中学校の生徒が全員参加決定している事情からです。

どのような事情があれ、このような決定は議会で議論されるべきで、我が会派からこの問題に事情説明を求め、議会運営委員会で説明を受けました。

実施するにしても、実際は実施されるべきでない事、実施しなければならない事情の説明は行われてしかるべきではないでしょうか?

投稿: 目黒区議会 おのせ康裕 | 2009年7月29日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツイッター選挙に期待する(7月21日) | トップページ | 渋谷で買い物(7月23日) »