« インターネットのリスク(5月5日) | トップページ | カーネーションの特別セール(5月7日) »

松涛美術館で二人展(5月6日)

松涛美術館では5月17日まで、台湾の画家、寥修平・江明賢二人展を開催している。寥修平は1936年生まれ、江明賢は1942年生まれで、共に現在の台湾美術界において指導的立場にある画家という。
寥修平はグラフィックデザインの系統、江明賢は水墨画の技法による台湾の風景建物を描いた作品ということで、2階と地階に分かれた分野の違う作品の展示となっている。
全く予備知識なしに見たのだが、いずれも中国らしさが印象的で新鮮に感じられた。絵画も画家の出身地によって違うのは当たり前のことで、知らなかっただけのことなのだが。

|
|

« インターネットのリスク(5月5日) | トップページ | カーネーションの特別セール(5月7日) »

松涛・神山町・神泉町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インターネットのリスク(5月5日) | トップページ | カーネーションの特別セール(5月7日) »