« 渋谷WEST商店会の日(2月16日) | トップページ | 住宅用火災警報器の設置(2月18日) »

手作り豆腐の店(2月17日)

その昔、豆腐は自転車で売り歩くものだった。今でもラッパを吹きながら豆腐を売る姿を見ることがあるが、消費量のほとんどは食品売り場に並んでいる大量生産のものだろう。
考えてみると、豆腐と油揚げだけを製造販売している豆腐屋は、日本にあった古くからの商形態を維持している貴重なものなのではないか。豆腐を一丁と注文してから、水槽から取り出してプラスチックのケースに入れる。プラスチックのケースがなかったころは、鍋を持参し、そこに入れてもらったようだ。
淡島通りのこまばエミナースの斜め向かいにある山田屋豆腐店はそんな昔からの店の一つ。お客は近所の常連さんばかりだろう。でも、このあたりに住んでいる人は、池尻大橋の丸正か淡島通りの世田谷区側で買い物をするのが普通らしいから、そこで豆腐もついでに、ということになっているかもしれない。
一丁140円の手作り豆腐だけを買いに行くというのは時間の浪費という意味でぜいたくなことである。それだけに、豆腐と油揚げしか買うものがない店に出かけて買ってくるということは、豆腐屋を知らない若い人たちにとって、新鮮で魅力的なことにならないだろうか。140円でささやかなぜいたく気分が楽しめるのだ。


090217

|
|

« 渋谷WEST商店会の日(2月16日) | トップページ | 住宅用火災警報器の設置(2月18日) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536622/28156585

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り豆腐の店(2月17日):

« 渋谷WEST商店会の日(2月16日) | トップページ | 住宅用火災警報器の設置(2月18日) »