« ソニーのブラビア発表会(1月21日) | トップページ | 暮らしの科学(1月23日) »

梅が咲いた(1月22日)

東大駒場Ⅰキャンパスの梅園で梅が咲き始めた。東京で梅といえば湯島天神が有名で、「湯島の白梅」という古い歌もあるように、白梅の白加賀が8割なのだそうだ。駒場キャンパスの方は紅白半々といったところか。種類はいろいろあるようなので調べてみることにしよう。今咲いている写真の紅色の花は寒紅梅なのだろう。
今年は東京での梅の開花は例年より早いとインターネット上の画面には書かれているが、寒さで花見どころではないせいか、桜のような開花情報などを聞くことはない。
どんな花でも観察するには気持ちの余裕が必要なようで、高齢者でないとゆっくり眺めるようなことはなさそうだ。でも植物観察が生命科学の一分野と考えると、若い人たちの梅の花に対する見方も変わるのかもしれない。ちなみに梅はバラ科サクラ属だ。


090122_1

090122_2

|
|

« ソニーのブラビア発表会(1月21日) | トップページ | 暮らしの科学(1月23日) »

駒場キャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536622/27368727

この記事へのトラックバック一覧です: 梅が咲いた(1月22日):

« ソニーのブラビア発表会(1月21日) | トップページ | 暮らしの科学(1月23日) »