« 大坂橋から松見坂までの山手通り(12月1日) | トップページ | 銀杏の黄葉(12月3日) »

蜂蜜入りのコーヒー(12月2日)

11月25日に紹介した、大坂上バス停前にあるハニーズ・カフェのコーヒーについてマスターに話しを聞いてみた。何で蜂蜜入りコーヒーなのかということで質問をしたところ、有機栽培のコーヒーに砂糖はないだろう、ということからなのだそうだ。ところが、蜂蜜を入れると酸味が出る。そこでローストのやり方などいろいろと工夫をして自分で納得のいく味を作り出したとか。だからコーヒーは一種類だけをホットかアイスで提供するが、蜂蜜はそれぞれ別のものを使用する。砂糖のオプションもない。砂糖は店には置いてなくて、料理にも蜂蜜を使っているほどだ。ハニーマスタードというのもある。蜂蜜にはいろいろな種類があるのだが、この店ではアカシアの花のものを使っている。そのあたりも工夫の結果なのだとマスターは語っている。
ハニーズ・カフェはバス停前とはいえ人通りの少ない場所にあるだけに、これだけの特徴があっても、ゆったりとした時間を過ごせるのが魅力。
しかも月に1度くらいの頻度で、舞踏を中心にさまざまなアーティストによるイベントが土曜か日曜にある。今月は28日に前衛舞踏家の吉本大輔氏の舞踏映像を映写する。収容人数が限られるので、一般への告知はしないのだが、これまでの実績を見ると魅力的なものばかりだ。2年前には邦楽の新内節の演奏も行われている。また壁面は写真や絵の展示スペースとしての利用もされていて、月ごとの入れ替えで9点の作品が飾られる。アーティスト・カフェという名前がふさわしい。
コーヒーの値段は500円で、営業時間は午前10時から午後8時まで。日曜・祭日は休日となっている。246の向こう側ということで、この店をこれまで知らなかったのが残念だ。


081202_1

081202_2

081202_3


|
|

« 大坂橋から松見坂までの山手通り(12月1日) | トップページ | 銀杏の黄葉(12月3日) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536622/25841020

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂蜜入りのコーヒー(12月2日):

« 大坂橋から松見坂までの山手通り(12月1日) | トップページ | 銀杏の黄葉(12月3日) »