« 栄通りの拡張へ(11月18日) | トップページ | 喫茶店トシ(11月20日) »

ウイスキー党宣言(11月19日)

“シングルモルト余市1987”が世界の業界の権威であるウイスキーマガジン社のコンテストでシングルモルト部門での昨年最優秀賞をとったことを披露するイベントが5月にあった。その時にニッカウヰスキーのチーフブレンダーである久光哲司さんの解説を聞いて、ウイスキーをストレートで味わうことを覚えた。
そして今回、受賞商品の翌年版として今月26日に約3500本を限定発売する“シングルモルト余市1988“の試飲会が前回同様、青山骨董通りのニッカウヰスキー本社で行われ、アジャイルメディアネットワーク社の招待を得て、再度参加させていただくことになった。
ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝と北海道余市の蒸留所を紹介するビデオを久光さんの解説を聞きながら見た後、“シングルモルト余市1988“を“シングルモルト余市12年”と比較しながらテイスティング。石炭直火蒸留という、現在では本場スコットランドでも廃止され世界で唯一となってしまった蒸留工程を経た余市産のウイスキーの味わい方を教授いただいたのだ。
“シングルモルト余市1988“は昨年の” シングルモルト余市1987“とは異なるコンセプトで5つのタイプのモルトウイスキーをバッティングさせているとか。
「陶然とさせる濃厚な蜜の甘さ。カシス、杏、プラムや洋梨を思わせる香ばしくもフルーティな香り。ベースのピーティなボディ感とともに、逞しく力強い香りが広がります。全体が豊かに調和して膨らむ印象」という香りをまず楽しむ。
続いて「樽熟成によるコクと、堂々としたピートのビター感が力強く感じられます。磯や海藻のニュアンスをもとった甘さが味わいに幅を与えます」と表現されるような味わいを経て「豊かなコクと甘さをともなった、ドライフルーツのようなビターな余韻が程よく続きます」という後味を感じることになった。
そこまで理解できたわけではないが“シングルモルト余市12年”と少しずつ香りや味を比べ、12年と20年の熟成期間を始めとして生ずる顕著な違いは確認することができた。ウイスキーは同じブランドの同じ熟成期間のものでも製造年により少なからぬ違いがあるものらしい。


081119

シングルモルト余市1988は11月26日発売。小売価格は税込だと21,000円となる。かつての高級酒ジョニ黒の現在の価格が概ね2,000円だから、その10倍なのだが、ウイスキーの価値の理解を得るためにも、こうした価格の商品は必要だ。
ちなみに“シングルモルト余市12年“でも6,600円なので、オールド・パーの価格の倍以上になる。世界のウイスキー市場での評価価格なのだろう。イギリスのオンラインショップをのぞいてみたら、“シングルモルト余市10年“でも44.95ポンド。ポンド安の今でも6,500円という計算で、1年前の為替レートだと1万円になる。
今流行りで、売り場面積も大きいワインはその種類も価格も幅広い。ウイスキーもワインのようにさまざまな観点からより幅広い選択ができるようになるのがよい。
日本でウイスキーが広く飲まれるようになったのは昭和30年代にトリスバーでのハイボールと呼ばれる炭酸水割りからのようだ。吉田茂、田中角栄が愛飲したといわれるオールド・パーや、海外出張の土産の定番とされたジョニーウォーカーの黒ラベルはかつて最高のウイスキーとされていた。そしてボトルキープをして水割りで飲むというウイスキー大量消費時代になる。サントリー・オールドやニッカG&Gを“スナック”にボトルキープする時代が1970年代、80年代と続き、それから、吟醸酒、焼酎、ワインが人気の中心になっていった。水割りとカラオケがセットになったような時期もあり、そのなごりは今もある。しかし最近は、パーティなどでのウイスキーの人気はその全盛期と較べると焼酎やワインに奪われているといわざるを得ない。スナックのカラオケでも焼酎のボトルを空ける方が多いかもしれない。でもそれは、ウイスキー本来の楽しみ方を逸脱した、ウイスキーバブルともいえる時代が終わったからといってもよいのではないか。
一方で、テイスティンググラスでウイスキーを舐めることは茶道にも通ずるともいえる。バーという空間でそこの装飾を語り、バーテンダーの勧めで出されるウイスキーを作法に従って静かに味わう。お茶菓子のような感覚で、ウイスキーにあった食べ物を食べるのもよいだろう。かつてはレーズンバターが定番だったのだが、昨夜は“シングルモルト余市1988“に合わせて、骨董通りにあるレダラッハのチョコレートがつけられた。
かつて水割りでカラオケをやっていた世代が、ウイスキーの本当の楽しみ方を始めるようになってもよい。渋谷WESTにはその日の気分で選べるさまざまなバーがあるのだ。
http://www.shibuya-west.com/navi/10bar.html
なお“シングルモルト余市1988“はホームページから先着順で購入できる。
http://www.nikka.com/products/yoichi1988/index.html

|

« 栄通りの拡張へ(11月18日) | トップページ | 喫茶店トシ(11月20日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイスキー党宣言(11月19日):

« 栄通りの拡張へ(11月18日) | トップページ | 喫茶店トシ(11月20日) »