« 「明日の神話」の明日(11月28日) | トップページ | 行政コスト節減(11月30日) »

町会と近所づきあい(11月29日)

地方分権改革ということが言われている。政府と知事との間での議論ばかりが報道されるが、住民レベルではどうなのか。地方分権のいきつくところは各人が身の回りのことについて責任を持つことを意味する。だから住んでいるところについては住民それぞれが責任をもたなくてはならない。東京では近所づきあいがわずらわしくないのが魅力ともいわれるが、そうもいっていられない。
わずらわしくない近所づきあいを進めるためにも、町会のホームページは有効だ。練馬区では区のホームページから町会のホームページがわかるようにしている。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/choukai/index1.html
目黒区では自由が丘、八雲、中根の住区住民会議がホームページでの情報共有をしている。
渋谷WESTというサイトは渋谷区と目黒区という自治体をまたいで、生活圏としての地域社会を見れるようにしようというものだが、残念ながら地域からの情報発信は今のところは限られる。
そんな中で積極的に町会の情報を発信しているのが渋谷円山町会。円山町会は地名としての円山町全体をカバーするのではなく、道玄坂に面した道玄坂町会や神泉仲通の親栄会は別だから、町会加入対象人口は500人ほどか。地域としてはラブホテル街となる。あえて関心を持たない人も少なくないかもしれないし、住みたい町とはいいにくそうだ。
円山町会ホームページは、トップ画面の上段左から「役員会の日程」「円山町会のお知らせ」「大向連合町会お知らせ」。2段目は「祭りの写真」「渋谷警察署からのお知らせ」。3段目が「お祭り」「落書き消し」「写真集」。4段目が「お知らせ」「家具転倒防止対策」。最後の段が「ブログ」「落書き消し」「円山町まちづくり勉強会」という構成だ。こんな形でご近所と情報共有をしていけば、近隣町会との連携もとりやすいだろう。地方分権改革はまずご近所を知ることからはじまるといってもよいのではないか。でもそんなことを言われると、マスメディアの商売はやりにくくなるのかもしれない。


Maruyamacho

|
|

« 「明日の神話」の明日(11月28日) | トップページ | 行政コスト節減(11月30日) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536622/25749638

この記事へのトラックバック一覧です: 町会と近所づきあい(11月29日):

« 「明日の神話」の明日(11月28日) | トップページ | 行政コスト節減(11月30日) »