« 道玄坂上のビル解体(11月26日) | トップページ | 「明日の神話」の明日(11月28日) »

青葉台の高層ビル(11月27日)

青葉台3丁目に建設中の高層ビルは地上33階地下3階。玉川通沿いのフロアーを1階としてのことなので、山手通りの位置からだと36階以上の高さに見える。地上20階までがオフィスで、21階から上は住友不動産のラ・トゥール青葉台という高級賃貸マンションとなる。13フロアーでの総戸数は130戸。目黒区の住民税が数億の増収になるのかなどと皮算用をしている人がいるのか。
ビルの竣工は来年の9月。景気も株価はそれまでに回復しないといわれる中、どのような企業が入居するのか興味深い。来年から日本での事業展開を拡大しそうなノキアが山手通りの目黒駅に近いアルコタワーから引っ越してくるということもあるかも知れない。投資銀行に代わる元気な世界企業がターゲットなのだろうが、20フロアーを何社で埋めることになるのか。六本木ヒルズが41フロアー、セルリアンタワーで13フロアというそれぞれのオフィスフロアーの数でイメージする。
オフィスフロアーに入居する企業のトップが上層階の居住スペースに住むと通勤時間が不要だ。中央環状品川線が5年後の2013年度に開通すれば、成田からも羽田からも高速道路で一般道の混雑を避けて結ばれることになる。成田にも箱根にも1時間20分という立地は、飛行機と車で活動する外国人の東京での拠点として、六本木や赤坂より魅力的かもしれない。六本木ヒルズのように観光で来る人のないこともメリットかもしれないが、ビル内にレストランができないと近くにないので困ることになる。入居者専用のものでもできるのだろうか。


081127


|
|

« 道玄坂上のビル解体(11月26日) | トップページ | 「明日の神話」の明日(11月28日) »

青葉台・大橋」カテゴリの記事

コメント

Nokiaは日本撤退だそうですね。
ちょうど今日のニュースに出てました。

投稿: | 2008年11月27日 (木) 21時48分

ありがとうございます。
11月21日にこんな情報がありました。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/itbiz/198021/
ノキアが日本で通信事業に参入ということです。

ところが今日のノキアのプレスリリースではご指摘のように
「事業の焦点と優先順位を強化するために、ノキアは、日本における携帯電話端末の販売及び販売活動を打ち切ります。ノキアのラグジュアリー携帯電話部門であるVertu(ヴァーチュ)は対象ではなく、引き続き日本での活動を強化していきます。また、重要なグローバルR&D及びソーシング事業は引き続き日本での活動を続けます。」とあります。
http://www.nokia.co.jp/about/release_081127.shtml

ヴァーチュの事業を皮切りに、独自の通信事業を展開するのでしょうか。通信事業の競争相手に端末を販売するわけにはいかないでしょうから。

投稿: 管理人 | 2008年11月27日 (木) 22時01分

作業中に作業員の死亡事故があったらしいですね・・・。
ご冥福をお祈りするのと共に、影響が出ないかどうかが心配です。

投稿: ショック | 2009年9月21日 (月) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536622/25692449

この記事へのトラックバック一覧です: 青葉台の高層ビル(11月27日):

« 道玄坂上のビル解体(11月26日) | トップページ | 「明日の神話」の明日(11月28日) »