高齢者を対象とする行政サービス(2017-4-19)

目黒区で65歳以上の高齢者人口は約20%。全国平均の25%と比べると少ないものの、平成47年度には26%になるとの推計がある。高齢者の区内に滞在している時間の長さ、行政サービスに依存する部分の多さを考慮すると、行政の役割の比重は更に大きくなる。

その高齢者に対するサービスを提供する部署として、目黒区には、介護保険課、高齢福祉課、地域ケア推進課がある。それぞれの担当業務を以下に書き出してみた。どういうサービスがあるかが分かるようになっているが、全体を理解している人は限られるだろう。こうして一覧できるようにしておくと便利かと思う。

介護保険課

●介護保険管理係
介護保険全般、事業者連絡会、事業者支援、介護保険システム、地域密着型サービス事業者の指定

●介護保険計画係
介護保険事業計画、基盤整備

●認定審査係
要介護認定事務の総括、介護認定審査会、主治医意見書

●認定調査係
要介護認定調査

●介護保険資格・保険料係
介護保険料の収納・還付等・徴収・納付相談・減免、資格、保険証、介護保険料の通知・口座振替・督促

●地域支援事業推進係
介護予防・日常生活支援総合事業の推進

高齢福祉課

●在宅事業係
ひとりぐらし等高齢者登録、電話訪問、緊急通報システム、紙おむつ、自立支援住宅改修等

●介護基盤整備係
高齢福祉の推進に関する企画・調整、地域密着型サービス等整備事業費の助成、特別養護老人ホームの整備

●施設事業係
短期入所生活介護(ショートステイ)、通所介護(デイサービス)、短期入院病床確保事業(病院ショートステイ)、高齢者センターの管理、緊急ショートステイ事業(有料老人ホーム利用)、
高齢者福祉住宅の運営管理

●相談支援係
保健福祉の相談支援、老人ホームの入所相談(特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、都市型軽費老人ホーム)、高齢者虐待防止

●いきがい支援係
敬老事業、内職相談、老人いこいの家の管理、老人クラブへの支援、シニアいきいきポイント事業

地域ケア推進課

●地域ケア推進係
包括支援センターの取りまとめ、認知症対策(普及啓発等)、介護者支援、家族介護教室、見守りネットワーク(愛称「見守りめぐねっと」)、高齢者見守り訪問

●在宅療養推進係
在宅療養の推進

●保健係
認知症支援、訪問保健相談

| | コメント (1)
|

これからの貸会議室(2017-4-13)

貸会議室などの利用方法がインターネットの活用で変わってきているようだ。希望する場所にある会議室を探し、目的に合うスペースが見つかると、空いている日時に予約を入れる。クレジットカードで決済をすると、すぐに予約完了のメールが来て入口扉の電子錠の暗証番号を知れせてくれる。
当日はビル内にある会議室に直接行って会議室に入り、片付けをして鍵を閉めて出て行くという仕組みなのである。会議室を管理するスタッフと会うことはない。

これが目黒区の例えば住区センターの場合、事前に利用団体の申請・登録、予約、現金での代金の支払いで予約が完了。そして利用当日は住区センターの管理者が鍵を開ける。予約をインターネットでできるようになったことで利便性は向上しているものの、現金の管理を現場でしていることはこれからの課題だろう。区の税金もコンビニで納付できるようになっているのだから、住区センターなどで現金を扱う必要はなくせるはずなのである。

会議室に限らず、地域住民による自主的な活動ができる場を行政が提供することは必要であるが、それを行政の直営にするのか、指定管理者の管理で運用するか、あるいは民間施設利用への利用料補助の形で行うかは、検討課題であるだろう。

いずれにしても、既存の民間スペースの有効利用により、例えば、高齢者のデイサービス機能の一部を担えるようになることを期待したい。

| | コメント (0)
|

土人と自称した目黒の人(2017-4-7)

現在、土人という言葉は差別用語とされている。しかし、昔の文献を読んでいて、明治時代には土地の人という意味で使われていることを知っていた。明治44年に刊行された『東京名所図會』で、その土地の人のことを土人と記していることからだった。差別用語とされる土人という言葉は、東京の中心から少し離れた目黒区あたりの人に対しても明治時代には使われていたんだな、という認識であった。

ところがである。昭和10年に刊行された『目黒区大観』の序文の中に次の文を見つけた。
「私は慶應2年に目黒-その当時は上目黒村と呼んだ-に生まれた土人の一人であるが、その為めに他の誰よりも愛郷心が強いとは申さない」というものなのだ。土人の一人と自称する人は、議員、目黒町長を経験した目黒区大観刊行會の会長である。公的なものであるから、自分を卑下して土人と呼べるはずもない。

この時期、日本は海外に進出し、現地の人を土人と呼んでいた。他に適切な言葉がなかったからであろう。それからわずか20年後の昭和30年ごろには、土人ということばは未開地の人たち、特に黒人の人たちを呼ぶのに使っていたようである。そして差別語になったのはいつごろのことなのか。なぜ差別語とされるようになったかも含め興味深い。

言語学を勉強している学生なら、「土人」の使用例を調べ、差別語になるまでの経緯をまとめると論文になるだろう。

| | コメント (0)
|

«こまばサロン暖炉がオープン(2017-4-4)