選挙戦が始まった(2017-10-11)

10月22日の投票日までの選挙戦が始まった。
目黒区北部地区は東京5区から7区に区割りが変更になっている。立候補者は自民・松本文明、立憲民主・長妻昭、希望の党・荒木彰博の3名だけ。新たに7区になった目黒区、品川区についてはデータがないが、中野区と渋谷区での前回の衆議院選の得票数は次の通りであった。

長妻昭:104442票、松本文明:83476票で長妻氏が当選した(松本氏は比例で当選)。

これに対して昨年の参議院選での渋谷区と中野区の比例区での得票数は自民86508、民進52026で自民が大幅に上回る。参議院選での共産党の得票数は35832、公明党が22349で、今回の選挙では、共産支持者が長妻氏、公明支持者が松本氏に流れることになろう。

それに今回が初めてとなる希望の党。荒木氏は熊本県議からの落下傘候補なので評価は困難ながらも、中野区、渋谷区、目黒区とも都議会議員は都民ファーストが8人中4人で、自民はゼロで民進1人。これがどれだけ影響するかが得票数に響く。

気になるのは、民進党の東京選出参議院議員、蓮舫、小川敏夫の両氏の立場。希望の党と立憲民主党のいずれを選ぶのかは選挙後のことになるのだろうか。

171011


| | コメント (3)
|

渋谷に小泉進次郎(2017-10-8)

自民党青年局街頭演説会が、渋谷駅前スクランブル交差点と109前スクランブル交差点の中間地点で行われた。午前11時から1時間の間に弁士は7~8人というところ。
08_1

自民党のPRという内容なのだが、実質は渋谷を選挙区とする松本文明さん(写真中央)の応援。公示前なのためかその名前はない。駒場を含め、目黒区の山手通り沿いもその選挙区になった。
08_2

小泉進次郎さんが最後のスピーカーで到着はその順番の直前。車が到着すると待っていた大勢の人たちと握手。いうまでもなく本人の選挙区ではない。
08_3

野田聖子さんと2ショットは初めてとか。マイクを持った野田さんのとなりで手を振っているのが小泉さん。野田さんは郵政民営化選挙で小泉純一郎さんに刺客を立てられたことがあることに触れた。
08_4

いつも混雑する渋谷なのだが、1時間たっぷり聞き入る人、メディア、警備関係者でごたがえしていた。これから2週間、この選挙区での候補者と応援者の演説を追っていきたい。
08_5


| | コメント (0)
|

東京7区という選挙区(2017-10-7)

1票の格差を改善するためということで、衆議院の小選挙区の区割りが変更になった。10日に公示され10月22日が投票となるが、早くも候補者の演説会がはじまっている。

東京7区はこれまで渋谷区と中野区全域が選挙区であったが、今回から中野区の北側、西武新宿線沿線がはずれ、目黒区北部、品川区の目黒駅周辺、それに杉並区の方南が加わった。

選挙区の人口は概数で、渋谷区224千人、中野区160千人、目黒区99千人、品川区41千人、杉並区12千人となっている。

地図に線引きをしてみるとこんな区であってもよさそうだ。東京23区を自由に見直す線引きをしてみるのもよいかもしれない。千代田区の6万人から世田谷区の92万人までという規模の違いに問題はあるのだろうが、その変更は選挙区のようには簡単にできない。

選挙戦はこれまでどおり、民進党を離れた立憲民主党の長妻昭氏と、自由民主党の松本文明氏との対決になるだろう。目黒区住民にとってはなじみの少ない前職の両候補ではあるが、政権選択という意味ではわかりやすい構図である。

主な街頭演説会の場所は、従来の中野駅、代々木駅、渋谷駅、恵比寿駅に、中目黒駅、目黒駅が加わることになる。10日からは、山手通り沿いに東中野から大崎広小路まで、選挙カーの移動が連日見られることだろう。

| | コメント (0)
|

«「人とは違う」を恐れない社会をめざして(2017-10-5)