駒場住宅跡地整備計画に対する意見―8(2022-9-16)

 <防災備蓄・避難スペース機能について>

 駒場住宅跡地整備計画は、目黒区から防災備蓄倉庫の設置と災害時の避難スペースとなることを考慮し提案とすることが条件づけられていた。その計画が南側敷地と北側敷地に分割され、それぞれの敷地で防災関連施設の設置を踏まえた計画が出ているようである。

南側敷地では「防災拠点型地域交流スペース」、南側敷地では「防災備蓄倉庫」の設置が記されている。

 そのままであれば、いずれも管理者は目黒区になるはず。南側敷地で選定された鵜足津(うたづ)福祉会、北側敷地の住友商事の双方で目黒区が関わりを持つことに意味があるとしても、南側は特養なので目黒区との関わりは深い。なので、防災面では北側に一本化した方が地域住民には分かりやすいのではないか。具体的内容について憶測しても仕方ないので、これは目黒区の所管からの説明が求められよう。

 令和5年4月着工予定とのことであるが、それまでにどのように最終的な設計にするのか。あるいは、選定された業者は、住民や目黒区に説明はするが変更はしない、その必要はない、と考えているのかについて、確認しておく必要があろう。着工が遅れることで困ることは何もないはずである。

 特に目黒区・目黒区議会は、業者が決まったのだから、ということにすると、来年4月の区議選にも影響が及ぶかもしれない。

| | コメント (0)

駒場住宅跡地整備計画に対する意見―7(2022-9-15)

<コミュニティ拠点について>

駒場住宅跡地整備により、駒場住区センターの機能が移ることが議論の対象になる。住区センターは目黒区の広報スペースであると共に、地域社会の会議室としての役割を果たしている。それが北側敷地のコミュニティ拠点に移るとされる。また、南側敷地にも防災拠点型地域交流スペースの設置があげられているが、どのようなものになるのか。

 目黒区の区有施設見直し方針の原則として次の3項目がある。

原則1 新しい施設の整備は、原則、行わない。【新規凍結原則】
原則2 施設の更新(大規模改修、建て替え)は事前調整のうえ、原則、多機能化・集約化、複合化した施設とする。【事前調整原則】
原則3 施設総量(総延床面積)の縮減目標【数値目標原則】

 その手法として挙げられているのは以下の8項目。

手法1 受益者負担の適正化
手法2 長寿命化
手法3 公民連携の推進(民間活力の活用)
手法4 多機能化・集約化
手法5 複合化
手法6 低未利用地等の活用
手法7 広域的視点にたった連携
手法8 地域による維持・管理

 住区センターは目黒区の施設であったが、上記原則に則り、コミュニティ拠点は整備されることになる。住民にとっては好ましいものではないかも知れないが、この原則を曲げることの合理的理由があるとすれば、どのようなことなのか。

 とはいえ、駒場住宅跡地のコミュニティ拠点は、その立地から、計画されている学生寮の学生や、通学する高校生のコミュニティ拠点になるのではないかとの懸念がある。趣味の会としての場だけではなく、住区住民会議や駒場防災会議、目黒法人会といったものから、集合住宅の管理組合総会などにも利用されている会議室機能が、どの程度維持されるのかはこれからの協議課題になるだろう。

| | コメント (0)

駒場住宅跡地整備計画に対する意見―6(2022-9-14)

<安全・安心への懸念>

 駒場住宅跡地整備計画は、事業者が南側と北側で異なり、それぞれ別個に計画を出しているが、利用される道路などは同じである。それぞれの施設ができることによる交通量の増加は予測されなくてはならない。

 南側敷地に計画されている特別養護老人ホームの規模は以下の通り。

特別養護老人ホーム(ユニット型)(定員84名)
併設ショートステイ(ユニット型)(定員12名)
防災拠点型地域交流スペース
小規模多機能型居宅介護(登録定員29名、通い18名、宿泊9名)
認知症対応型通所介護(定員12名)

これに加えて北側敷地に老人ホームが計画されているのである。特養と有料老人ホームは違うとの説明が北側敷地の説明会であったが、経営形態は違っても、老人ホームとしての周囲への環境負荷に変わりはない。北側と南側の両方の老人ホームの定員の合計が、規模の目安となる。

 駒場住宅跡地に入ることができるのは、淡島通りからの約4メートル幅の箇所もある一方通行路と、駒場野公園に隣接する生活道路。北側敷地には、東側の一方通行路からの車両進入路を作るようだが、南側敷地は一方通行ではないもの約4メートル幅の生活道路に囲まれる。東側道路から老人ホームへの進入路としては狭すぎるから北側敷地を使っての道路拡幅が検討されているのだろうか。

 淡島通りからの道は、通学路で朝の時間は通行止めにもなり、その入り口にも淡島通りに面して特別養護老人ホームの駒場苑がある。老人ホームが3軒並ぶことになり、その収容人数の合計は200人を超える。

駒場苑は淡島通りに面しているので問題はないが、老人ホームができることによる交通量負荷を知る目安にはなるだろう。救急車による搬送頻度も想定できる。

 更に加えてスーパーマーケットに係る交通量。搬入路は駒場通りからということになるだろうか。これも生活道路を使わざるを得ない。説明資料では歩行者道を敷地内に作るようではあるが、自動車のすれ違いには苦労しそうである。

マイカーでの買い物はないとしても、自転車・オートバイでの利用者はあるだろうから、その駐輪スペースをどうするかが課題になる。

自動車の交通量が増える見通しのなかったときにできた街並みなので、車両の通行には適さない。施設を作ることにより必要となる車両からの安全を、どのように確保できるのかについての納得できる説明が不可欠であろう。警察・消防の意見も欲しい。

 

| | コメント (0)

«駒場住宅跡地整備計画に対する意見―5(2022-9-12)