これからの目黒区駒場(2021-9-18)

目黒区が誕生したのは1937年、目黒町と碑衾町が合併したもの。目黒町は上目黒・中目黒・下目黒・三田の4村の合併により1889年に目黒村になったものが、1922年に村から目黒町になっていたのである。

1590年にこの4村が徳川の直轄地になったとされるから、それぞれの村では、それ以前からほとんど変わることない生活が農業を中心として続けられてきたのだろう。東京湾に直接注ぐ目黒川の水が、古来この地域の生活を支えていたことは確かである。

目黒区史の資料編によると、1872年(明治5年)の上目黒村の世帯数と人口は、世帯数;218、人口;1205である。上目黒村は、ほぼ現在の上目黒、青葉台、東山、大橋、駒場に当たるので、その合計を見ると、世帯数31726、人口55143(2021年9月1日)となっている。世帯数で145倍、人口で45倍である。

上目黒村には小名が8つあり、単純に割ると、各小名の世帯数は平均27世帯となる。現在の感覚からすると、小規模の集合住宅並みの世帯数で一つの地域社会を構成していたことになる。

それから150年の間に、それ以前の恐らく2000年以上続いていた自然の中にあった景観がみるみるうちに変わっていった。道路が舗装され、目黒川やその支流がコンクリートに囲まれるようになったのは、この60年前からのことであり、それは誇らしいものでしかなかったのではないか。

しかし、人口が減少する傾向に入り、2050年までのカーボンニュートラルの実現に向けて、これからどのような地域景観の変化が見られるのだろうか。

一つの指標は生物多様性。さまざまないきものが暮らせる環境なのか、そうではないのか。ムシは嫌われることが多いけれど、ムシとの共生が進むことが期待されているようである。

 

| | コメント (0)

駒場の1万年(2021-9-16)

駒場の地形は1万年以上前からそれほど変わっていないようである。大橋2丁目の大橋遺跡と呼ばれているエリアでの発掘調査で3万年前の地層から旧石器が発見されている。人類がこのあたりにも来ていたということを物語る。

大橋遺跡では4千年前から5千年前の縄文時代の竪穴住居跡が98軒発見されており、当時の人たちは流域の定まらない目黒川の水を利用できる台地に居を構え、川辺の植物や生物を食材として暮らしていたのであろう。

 それから150年前までの数千年もの期間、駒場の風景をつくる地形、土、植物、生物にはどれだけの変化があったのだろうか。低地は目黒川が自然のまま雨が降ると氾濫しながら流れ、遠くには富士山から秩父の山々が見えていた。人家は食料を自給できる範囲でしかなかったろうから、見渡す限り田畑と雑木林だった。その様子は『江戸名所図会』で想像できる。そこには今では見られなくなった様々な生き物が数多くいたことだろう。

 悠久の年月を経て変化が始まったのは、わずか130年前の1891年以降、陸軍が氷川台一帯に兵舎などを建ててからである。1907年には路面電車の玉電が氷川神社の下を走るようになり、初めて自然環境に変化が見られたのではないだろうか。

 それから、すべての道から土が見えなくなるのはわずかに60年前からのこと。コンクリートの集合住宅が密集するようになり、富士山が見える場所が少なくなった。目黒川の源流もすべて暗渠となって、自然は視界から消えていった。

 自然環境の変化を推測するきっかけとなるのは、1707年の宝永大噴火を最後とする富士山の噴火で、古文書によると、781年以降に17回の噴火記録があるとされる。そのたびに火山灰がこの地にも降って、耕作地やいきものへの影響はあったのだろうが、それでも自然環境に大きな変化はなかったと思われる。

 上目黒氷川神社は400年余り前の天正年間に迎えられたとされるが、神社はそれ以前から、何らかの形でその場所にあったと考えるべきだろう。そこからは目黒川河口にあたる品川宿までの眺望が100年前まではあったのではないか。富士山は境内からも45年前の昭和60年ごろまで見ることができたそうである。

 これから先はどうなるのか。木造の建物だけではなくなったのは100年ほど前からのこと。これ以上人口は増えない中で、50年先を見た街づくりの夢はどんなものなのだろう。

| | コメント (0)

アフガニスタン情勢ー3(2021-8-30)

友人から届いたアフガニスタン情勢についての解説、第3弾を掲載します。

「アフガニスタン地域を平定した二つの帝国」

 歴史上、この地域を平定したことがある外部勢力はアレキサンダー大王と以前述べたモンゴル帝国軍のフラグ(ジンギスカンの孫。フビライの弟。イルハン国を建てた)の2人だと思います。

 アレキサンダー大王は、この地を征服後、今のアフガニスタンのバルブ近辺でロクサネと結婚(皇后妃。側室ではない)、部下にも東方の女性との婚姻を推奨して、ヘレニズム文化を築き上げました。アレキサンダー大王死後は、この地はセレウコス朝シリアとなって存続しました。因みに、中央アジアではアレキサンダー大王の足跡は語り継がれていますが、彼は一般住民にはマケドニア人と呼称されています。アレキサンダーと言っても皆分かりません。

 中央アジアでは、侵攻モンゴル帝国軍の残虐性が今も語り継がれていますが、モンゴル帝国軍は、他の中東諸侯が手をこまねいていた暗殺集団の「山の老人」を一気に平定しました。これには、モンゴル帝国軍が現地のしがらみに一切関係していなかつた事も関係しているように思えます。イスラム教、特にスンニー派、はイスラム共同体の内では皆は平等との観念があり、ジハード等イスラム教義に基づく主張は、異端と断定されない限り、テロ集団であろうともむげに否定することは出来ません。加えて、中東の人は、血筋、婚姻関係など血統を重んじます(スンニー派、シーア派の対立も結局は預言者マホメットの血統は誰かの争いです)。モンゴルから来たモンゴル帝国軍にはこれらのしがらみが一切ありませんので、平定に躊躇なかったと思います。中央アジアでは、オトラルとかサマルカンドとか、モンゴル帝国軍が住民全員を殺戮したと今も語り継がれる遺跡が沢山あります。モンゴル帝国軍は「山の老人」一派も躊躇なく皆殺しにしたのではないでしょうか。

 「中国とタリバンの関係」

イスラム教徒は無神論者を忌み嫌い、中東での最大の罵り言葉は「カーフィー」つまり無信心者です。従って無神論者と見る共産主義者も嫌いで、同盟関係まで進展する事は望めないでしょう。ただ、利益を共有できるなら協力関係を求めることも現実政治上可能です。ここは、タリバン次第ですが、タリバンとしても中国のウイグル弾圧は原則として看過できない問題でしょうし、どうなるか分かりませんが、タリバンと中国との協力も十分あり得ます。他方、タリバンがウイグルへのテロ集団を匿うなど中国と対立的関係になった場合、中国はイスラム社会とのしがらみもありませんし、又西側諸国のように人権を考慮する事も無いので、モンゴル帝国軍のように一気に平定することも出来るかも知れません。中国のウイグル弾圧、香港弾圧の手腕を見ていると極めて効率的にこれを実行できる能力と政治システムを持っているように見えます。そのような状況になった場合、チベット弾圧の経験もあり、どうなるか興味あります。タリバンと組んでISに当たるケースもあり得ると思います。

 「アフガニスタンの関係諸国」

他方、アフガニスタンは、ユーラシア大陸の中心、いわば渦巻の生じる所で色んな勢力が引き込まれて来ます。

(中国)

中国は、以前より中央アジアに関与する意思を持っていたと思います。理由としては、独立を果たした新興諸国に経済的に進出すると共にイスラム過激主義がウイグルに飛び火するのを防ぐ為です。そのためにテロ共同対処目的の上海条約機構を発足させていますし、治安関係の無償援助なども実施して来ました。援助で機器を供与すると取り扱いの為に技術協力が必要となります、中国は、技術協力の為に中国に来訪する中堅職員に国営企業を通じて面倒を見、その関係は当該職員が帰国後も続きます。そのようにして、治安関係のみならず経済社会関係面でも少しずつ中央アジアに進出してきていましたが、アフガニスタンについては、紛争が続いていることもあり、余り関与はして来ていませんでした。しかし、習近平以来、一帯一路を打ち立て、中央アジアに出来るだけ関与しようとしていると思います。アフガニスタンについても、最近は、アフガニスタンで銅山の利権、その銅を搬出するための鉄道の敷設プロジエクトなどへの関与を図っています。米国が撤退した今後、益々関与を強めようとすると思います。その際、上海条約機構は軍事行動も含むものであり、アフガニスタンの治安を回復する上でも重要なツールになり得ます。

(ロシア)

ロシアにとり、アフガニスタンはロシアが裏庭と認識する中央アジアに隣接する地域で、出来れば自国の勢力圏に組み入れたい、またそこでのイスラム過激主義が中央アジア諸国に飛び火する事は阻止したいと思っていたと思います。しかし、ロシアは10年間アフガン戦争を行い撤退せざるを得ませんでした。武器供与など米国の強力なムジャヒディン支援があったこと、イスラム諸国からの義勇兵を止められませんでした。また、その直後、ソ連は解体し、中央アジア諸国はロシアから独立しました。しかも、現在、ロシアは、クリミアやウクライナ、チエチェンなどで問題を抱え、もうアフガニスタンに全面的に関与する余力はないように見えます。しかし、中央アジア地域はロシアに直接隣接する地域であり、中国等の外部勢力が大きなプレゼンスを持つのは阻止したいはずです。まだキルギスには軍事プレゼンスがありますし、テロ共同対処を目的とする上海条約機構のメンバーでもあります。行く行くは中国と連携するとしても、関与を図って行くでしょう。

(米国)

米国は撤退する事になりました。しかし、アフガニスタンは地理的にユーラシア大陸の中心に位置し、地政学上重要な位置にあります。軍による介入は終了するにしても、CIAなどにより、アフガニスタン内の勢力と連携しつつ、関与していくだろうと思われます(IS相手にタリバンとの協力もあり得るかも知れません)。事実、過去の北部同盟等を通じての関与の方が、軍事侵攻より予算も少なくて済み、遥かに効率的だったと思います。ただ、米国は民主国家なので、秘密工作を継続するのは政治的に難しいところがあるかも知れません(過去も、イラン・コントラ事件やアググレイブ刑務所等暴かれて政治問題化しました)。それに、米国は海洋国家です。内陸国のアフガニスタンには、本格的侵攻に至らない武力行使は実施しづらいところがあるかも知れません(本格的侵攻に至る前に、米国が武力介入する場合、通常海上艦艇より航空機ないし巡行ミサイルなどを打ちますが、アフガニスタンは海から遠い上、イラン上空を飛ばなくてはなりません。武器援助などの間接支援は除き、パキスタンや中央アジア諸国より直接武力攻撃するのは当該国の同意を得るのが難しいと思います)。

(パキスタン、インド)

パキスタンは、インドとの対立上、後背地に友好勢力を確保する必要があり、タリバンを結成させ、支援して来ました。今後も、パキスタン情報機関はタリバンとの関係を維持し続けるでしょう。ただ、パキスタン内にいるパキスタン・タリバンはパキスタン政府の意向に従わない実質テロ集団であり、出来るだけこの組織とタリバンの関係を絶とうとはするでしょう。インドは、カシミールはじめ国内のボンベイ等におけるテロ防止のために、アフガニスタンでの対タリバン工作を続行すると思われます。

(イラン)

イランは、タジキスタンが文化的、言語的にイラン系であることから、タジキスタンとは友好関係があります。しかし、タジキスタンはシーア派です。武装勢力の支援という面からは、イランは、今までもレバノンやシリア、イエメーンなど基本的にはシーア派を支援して来ています。従って、タジキスタンを通じアフガニスタンに介入する事は余り無いのではと思います。同じく、北部同盟のタジク族との関係も特に強いという訳ではないと思います。北部同盟では、マスード将軍の息子がタジク族の指導者のようで、血統を大事にする中東ですから北部でのその勢力は侮れませんが、彼は英国士官学校で教育を受けたと言われますし、欧米の影響力の方が強いのではないでしょうか。アフガニスタンにおいて、イランにとり重要なのはシーア派が多いハザラ人です(モンゴル系。タリバンは、彼らの居住地にあるバーミヤン仏像を破壊しました)。

(中央アジア諸国)

アフガニスタンの他の重要なプレイヤーは周辺の中央アジア諸国です。武器援助などをアフガンニスタンに行う際や各種の浸透工作を行う際の基地を提供し得ます。これらの国は、自身もイスラム過激派を国内に抱え、アフガニスタンのイスラム過激主義が自国に飛び火する恐れから、従来よりアフガニスタンに関与して来ました。ウズベキスタンは、ドスタム将軍に北部のウズベク族を率いさせると共に、米軍機にアフガン国境沿いのハナバード基地を貸与しておりました、しかし、アンディジャン事件(フェルガナ地方で政府側治安組織が過激派数百人を殺害した)が起きた後、国内政治上の理由で米軍には撤退を求め、代わりに秘密裏に国境沿いのテルメズにドイツが軍用機を定期的に運航していました。この措置はその後終了しましたが、今回のカブール脱出劇ではドイツ軍機はタシケントに飛んでおり、ウズベキスタンとドイツ軍は今も連絡はあると思います。タジキスタンにも今は終了していますが、米軍基地があつたと思います。キルギスタンには今もロシアの軍事基地があります。以前は、仏も基地を置いていたと思います。これらの国は上海条約機構に参加して、ロシアや中国と共に共同テロ対策の軍事演習も実施しています。だからと言って、上海条約機構のみに依存する訳ではなく、同機構に力が無いと判断すれば、あるいは当地域が特定国の影響下に入るのを防ぐ上でバランスが必要と考えれば米国や欧州とも協力するでしょう。以前、米国に協力してアフガニスタンに介入した際は、ロシアにはもうアフガニスタンに介入して過激派を制圧するだけの力が無いと判断していました。しかし、今は中国が力を持っていますので、勢力バランスを考慮しなければ必ずしも人権にうるさい欧米諸国と協力する必要も無いかも知れません。なお、中央アジア諸国の中では、トルクメニスタンは永世中立を標榜しており、如何なる関与もしていません。又、カザフスタンは地理的にアフガニスタンと離れている事もあり、今までも中継経路の提供などを除き余り関与はしていません。

(トルコ)

トルコは、以前より、トルコがテユルク族を纏めると言う汎トルコ主義があり、エル・ドアン大統領始め歴代大統領もその構想の夢を持っているようです。トルコが自らの発祥の地とする突厥の記念碑が中央アジアや東トルキスタンにあり、そこを訪問するなど思い入れを持っています。しかし、中央アジアにおける国々でテュルク系はカザフ、ウズベク、キルギス、トルクメで、タジクやアフガニスタンのパシュトン人はアーリア系でイラン人に近いです。それに、トルコに汎トルコ主義の盟主に見合った影響力を中央アジアまで及ぼす経済的、軍事的実力が無い以上、中央アジアで政治力を発揮するには無理があるかも知れません。ただ、どのような状況の下になるか分かりませんが、軍要員や技術要員の派遣、イスラム有力国(旧カリフ国)としての象徴的な役回りなどあり得るかも知れません。

 「日本のアフガニスタンにおける立ち位置」

 さて、上記状況のなかでの日本との関係ですが、日本は、イスラム教とのしがらみもありませんし、西側諸国のように西洋文明を押し付ける価値観もありません、又長年の善意の経済協力により中東諸国の信頼を築き上げて良い印象を持たれています。従って、日本は、武力で制圧するモンゴル帝国軍方式は出来ない反面、アレキサンダー大王の融合方式で関係を強める事が出来ると思います。

 しかしながら、関係強化と言ってもタリバンがどのような集団かにもかかっています。価値観が余りに相違していれば協力関係は築けません。タリバンは神学生と言う意味で、タリバン運動は社会の不正義を正すために立ち上がった神学徒という事になります。神学生はイスラム法学者(ムッラー。イスラム法の解釈を人々に説き、指導する立場で、キリスト教の神父や仏教の僧侶に相当)に向けて勉強している人です。中央アジアの地方でイスラム法学者や神学生と時折出会いますが、髭を生やし、ターバンを巻き、中東風のいでたちですが、話すと温和で、教養があり地域社会や住民に溶け込んでいるとの印象があります。そのような神学生が結成したタリバンは、イスラム教義を独自解釈し、戦争ごっこを楽しんでいるアル・カイダやサダム政権の崩壊により職業と地位を失ったスンニー派の元治安関係者と欧州などから渡って来た殺人狂のような変質者が合同して作ったISとは、性格が異なる組織のような気がします。アル・カイダとは、長い付き合いですから、タリバンの指導層と姻戚関係になる等関係が密接になっているかも知れません。だからと言ってタリバンがアル・カイダのテロ路線に同調するわけでもないと思います。そもそも、アル・カイダがまだ存続しているかも明らかではありません。また、根無し草で出自の悪いISとは親戚関係など密接な関係になっているとは思えません。なお、イスラム法学者は異端者には躊躇しません。イラン革命の端緒を作ったのはテロ活動で社会騒擾を醸成したムジャヒデン・ハルク(学生主体の共産主義とイスラム主義を合体したような過激組織)ですが、イスラム政権は政権獲得後これを異端者と断じて、一気に壊滅させました(片端から逮捕して殺しました)。今後、タリバンとISとの間でも同じ事が起こらないとも限りません。タリバンが米国あるいは中国と組んで最新兵器を導入すれば、異端者に対して無用な躊躇をする事なく、徹底的な攻撃をすると思われ、如何なる結果になるか興味が持たれます。

 中東の政治運動については、「アラブの春」とか「イスラム過激主義」とか言われ、それ自体で動いているように見られますが、大きな政治変革をもたらした運動は住民と密接に繋がった運動です。アル・カイダやISでは、日本が協力する余地はありませんが、タリバンが住民に根ざしている集団であり、アル・カイダやISとの政治的関係も断ち切れているのであるならば、日本も今後の協力の可能性もあり得ましょう。そういう訳で、タリバンが如何なる組織かによって日本との関係も決まって来るのではないでしょうか。

 ただ、タリバンもアル・カイダやISと同様のテロ組織で、世界にテロを輸出する基地になったり、テロ集団を匿ったりするに至った場合、シリアのIS壊滅作戦の際は、米、ロシア、トルコ、クルドが暗黙の共同作戦をしたと思いますが、そのような国際的な共同対処が必要になるでしょう。昔の信託統治のような発想も出て来るかも知れません。

 いずれにせよ、あと、数か月あるいは最悪数年経つて混乱が沈静化しないとタリバンの思想、組織、統率力、他勢力との力関係など、アフガニスタン情勢の真の姿は見えて来ないでしょう。

| | コメント (0)

«アフガニスタン情勢ー2(2021-8-21)